マコトハウジング

入居手順

住宅を借りる場合、入居に至るまでには様々な手続きが必要です。
ここでは賃貸住宅の契約から入居までの流れをご説明いたします。

1 物件の情報収集
現在ではインターネットも普及し、地方からでも容易に物件の検索ができるようになってきました。
しかし賃貸住宅は物件の回転率も高く、すべての物件が登録されているわけでもありません。
また既に借り手が決まってしまった物件情報も、削除が間に合わずサイト上に掲載されているケースも多く見受けられます。
1 物件の見学
どれだけ多くの物件情報があったとしても、現地で物件を見なければ雰囲気や詳細な情報は分かりません。
同じ建物であっても部屋によって雰囲気が違うように、実際に現地に立って自分自身の目で確認することが大切です。
陽当りや間取りばかりでなく、現地の周辺施設や環境なども手を抜かず確認しておきましょう。
1 入居申込
入居するにはまず、「入居申込書」のご記入が必要となります。
必記事項には保証人欄もありますので、保証人の方の勤め先や年収などの情報をあらかじめ控えておくと良いでしょう。
申込手続きが終了して初めて、物件を他の方に紹介するのを止めてもらえます。
保証人がいない、または保証人が定職に就いていないなどの場合は、保証人代理システムなどを利用しましょう。ただし保証人代理システムを利用できない物件もあります。

(近年、保証人代理システムに要加入の物件が増えております。

必要な費用や条件等が物件により異なりますので事前に確認しておきましょう。)
1 入居審査
申込を終えると、入居申込書を基に審査が行われます。
借りる側に物件を選択する権利があるように、貸す側にも住人としてふさわしいか選択する権利があるからです。
その結果がお断りであっても、その理由は明かされません。
入居申込書には面倒であっても正確な情報を記入しましょう。
審査結果は早くて当日、遅くて1週間かかる場合があります。
1 賃貸借契約
無事に入居審査に通りましたら、契約日時の打ち合わせをさせて頂き、正式のお見積と契約に必要となります書類等をご案内させて頂きます。
契約する前に「重要事項」の説明を致します。
そして納得したあとに、賃借契約の締結となります。
分からないことなどがあれば、重要事項説明の時に確認しておくとよいでしょう。
1 入居
契約日=入居日と誤解されている方が多いのですが、契約日が引越日になることはあまりありません。
一般的には契約日以後に入居日(実際の賃料発生日=カギ受取日)を設定します。正確には、入居日から部屋へ荷物を運び入れることができるようになります。

Page Top